野良仕事ときどき野鳥

無人となった実家の管理がてら野良仕事を始めました。野鳥撮影を織り交ぜながら週末を過ごします。

富士山麓で鳥見

今年の夏休みは富士山麓のキャンプサイトへ。この時期にアカハラを見るのは新鮮。冬場、地面系の鳥なのに梢というのも新鮮。幼鳥も新鮮。道にヒガラ。少し下って朝霧高原。狙いはホオアカ、ノビタキでしたが、残念。現れませんでした。代わりにホオジロ。とうとうでたぞって思ったけど、ホオアカではなく、ホオジロ幼鳥かな↓。朝焼けの朝霧高原。狙いの鳥を見たければもう少し早い時期に、ということみたいです。...

続きを読む

キジ

今日は6月の写真。オオヨシキリをと探したけど鳴き声ばかりで姿が見えない。去年も書いたけど、この場所(名古屋市南東部)のオオヨシキリは木曽川のと鳴き声が違う。渡りの距離を思えば、両方の場所の距離なんてちょっとの違いなのに面白いと思う次第。あきらめかけたところキジがいるのに気がついた。この日シャッターを切らずに帰るのかなぁと思ってたのが、そうじゃなくなってうれしいなと。シャッタースピードを落としたら雨...

続きを読む

ずっと知っていたのに知らなかったもの_前編

農作業中、視界に動く物が。茶色い鳥がシカよけネットに絡まってる。ありゃりゃ、ミゾゴイ。絶滅危惧種II類、しかも幼鳥。興奮してて外すことができない。幸い近くに草刈り人がいました。自分が首と胴体を押さえ、助っ人がはさみでネットを切りました。しばらく様子を見たところ元気そう。ならば放鳥。ところが、今度は逃げない。大騒ぎしてたの、なんだったの?箱を傾けてようやく歩き出しました。飛ぶこともできましたね。これで...

続きを読む

ずっと知っていたのに知らなかったもの_後編

(こちらは後編です)ミゾゴイを見るのは2度目。下は2013年に庄内緑地公園で見かけた物。成鳥は色合いから違いますね。さて、ミゾゴイはたいへん珍しいという認識があります。しかし、「個体数1,000羽以下とされることがあるが、これは定量的な調査に基づくものではない」ということで、思ったほど希少ではないらしい。ちなみに同じサイトによれば、イヌワシ 全国に400〜500羽(ただし、北半球全域に分布)ヤンバルクイナ 沖縄に...

続きを読む

今年の鳥見

今回は6月の鳥見のご報告です。この時期、渡り第2弾の鳥たちを目当てに、日帰りで車を走らせます。去年は福井県でアオバトの写真を撮りました。今年も同じ所に。アカショウビンは鳴き声だけ。その代わりオオアカゲラが出てくれました。初見の鳥です。いった甲斐がありました。足元を見るとたくさんのバッタがいます。これはヤブキリでしょう。こちらはツチバッタの仲間かな。赤い眼が印象的でした。片道3時間以上かかるので、疲...

続きを読む